稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

マークIIの誕生から現在までの気になる情報!

トヨタ

マークIIの誕生から現在までの気になる情報!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

初代マークII 1968年-1972年

初代マークII 1968年-1972年

トヨペットブランドとしては最後に新規発売された車種である。
ユーザーの上級志向化や、クラウンとコロナの中間モデルが要望されていたため、当初次期コロナとして開発していたT60系は、「コロナ・マークII」とし、
コロナはマイナーチェンジに留め、フルモデルチェンジを2年延期した。
車両型式はT60系(4ドアセダン)とT70系(2ドアハードトップ)で、コロナの型式を踏襲する(このため、コロナはこの番号が欠番になっており、
T50系のあとはT80系に飛んでいる)。デザインはコロナの「アローライン」を継承しながらも、ひと回り大きくゆとりあるものとなった。
ワイドバリエーションを誇り、4ドアセダン/2ドアハードトップ/バンに加え、
ワゴン、さらにピックアップモデルまで用意されており、日産ローレルを販売台数でリードした。なお、ワゴンとバンではリアのデザインが大きく異なる。
エンジンは1,600ccの「7R」と1,900ccの「8R」で共に水冷直列4気筒SOHC。
それぞれにシングルキャブレター仕様とSUツインキャブレター仕様が用意された。

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

2代目マークII 1972年-1976年

2代目マークII 1972年-1976年

1972年にトヨタから発売された2代目コロナ・マークⅡ(MX10/MX20/RX22型)です。コロナの上級版として登場した初代マークⅡからはガラリと雰囲気が変わり、かなりいかついスタイルをしています。4枚目の黄色の車体が載っている画像、これはハードトップ2000GSSなのですが、ちょっと左下のコピーを引用します。
「DOHC145馬力。ソレックス・ツインキャブ。ポルシェタイプ5段ミッション。スタビライザーつきリヤサスペンション。ハイスピード・ラジアル。そうです。走る使命に燃えている車、GSS。」とあります。

出典 http://www.wald-licht.com

3代目マークII 1976年-1980年

3代目マークII 1976年-1980年

4代目マークII 1980年-1984年

4代目マークII 1980年-1984年

1980年にトヨタから発売された4代目コロナ・マークⅡ(X60型)です。もともとコロナの上級バージョンとしてスタートしたコロナ・マークⅡでしたが、この代になると限りなくクラウンに近い存在となり、正式名称が「コロナ・マークⅡ」というのはこの4代目が最後で、5代目からは「トヨタ・マークⅡ」が正式名称となります。とはいえ、すでにこのカタログにおいても、意識的に「コロナ」をイメージさせないようにしているためか、どこにも「コロナ・マークⅡ」という表記は出てきません。
 さて、この4代目マークⅡ、いわゆる「ハイソカー」というものの元祖となります。82年にマイナーチェンジされ、そこで設定されたツインカムエンジン搭載の「白い」マークⅡが爆発的に売れました。姉妹車のクレスタ、チェイサーも同様ですが、ボディが白で内装が赤系統のこの手のクルマが街にあふれていましたね。それまで「ハイオーナーカー」や「高級オーナーカー」と呼ばれていたものが、ある自動車雑誌が「ハイソカー」という呼び名を使ったことがきっかけとなり、「ハイソカーブーム」というひとつの潮流をつくることになりました。

出典 http://www.wald-licht.com

5代目マークII 1984年-1997年

5代目マークII 1984年-1997年

このモデルより正式に車名が「トヨタ・マークII」となり、名実共にコロナから独立したモデルとなった。(ただし、前述の通り、以前から単にマークⅡと呼ばれていた。) ボディは先代と同じセダンとワゴン(3ヶ月遅れで登場)、ハードトップ。ハードトップは、F30型日産・レパード、S120系クラウンと同様にクリスタル・ピラーと呼ばれるブラックアウトされたCピラー周りの樹脂処理がスタイリングの特徴[注釈 3]。ハードトップが販売の主力で、セダンはタクシーや教習車としてよく使われた。搭載エンジンはディーゼルが2200ccのL型から2400ccのレーザー2L型へ変更した程度で基本的にX60系(後期)と同じである。ディーゼル、1800cc車はリアサスが4リンクリジッドであった。2500ccや3000ccなどの3ナンバー車は設定されなかった。ハードトップの「グランデ(1G-EU型エンジン搭載車)」は1985年度のグッドデザイン賞を受賞している。CM出演は九代目松本幸四郎。

出典 http://www.weblio.jp

6代目マークII 1988年-1992年

6代目マークII 1988年-1995年

7代目マークII 1992年-1996年

7代目マークII 1992年-1996年

8代目マークII 1996年-2000年

8代目マークII 1996年-2000年

9代目マークII 2000年-2004年

最終モデル

9代目マークII(MARK II)。搭載されるエンジンは280馬力の2.5Lターボ、200馬力の2.5Lが同出力の直噴D-4仕様(超希薄燃焼)とEFI仕様、それに160馬力の2Lレギュラーガソリン仕様の4ユニット。すべて可変バルブタイミング(VVT-i)機構つきの直列6気筒DOHCとなる。4輪ダブルウイッシュボーンのサスペンションに、FRと4WDの駆動方式を設定。トランスミッションにはゲート式シフトの2.5L D-4は5AT、その他は4AT、2.5Lターボのみ5MTも選べる。5ATのEMV装着車にはナビゲーションから先行する道路状況を読み取り、適切なシフト制御を行うNAVI・AI-SHIFTがオプションで設定される。グレードはラグジュアリータイプのGRANDE(グランデ)シリーズはグランデG(2.5L D-4)とグランデ(2.5L D-4/2L)、スポーティタイプのiRシリーズはiR-V(2.5Lターボ)、iR-S(2.5L D-4)、iR(2L)。4WDモデルはグランデG Four(2.5L EFI)とグランデFour(2L)をラインアップ。グランデFourには装備を厳選したSパッケージも用意される。安全装備として全車にデュアルエアバッグ、EBD付きABS、ブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。

出典 http://www.goo-net.com

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!