クラウンの誕生から現在までの気になる情報!

トヨタ

クラウンの誕生から現在までの気になる情報!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

初代 トヨペットクラウン 1955年 - 1962年

初代クラウン

★1955年(昭和30年)1月に発表された初代クラウン(RS型)は、初代トヨエースと共にトヨタの戦後の隆盛を招いた記念碑的なクルマである。真に戦後型の国産乗用車は1955年登場のクラウンRSとダットサン110の2車から始まったと言われる。それまでの国産乗用車の大半がトラックシャシー・ベースだったのに対してクラウンは純然たる乗用車として新たに設計され、前輪サスペンションのコイルスプリングによるダブルウィッシュボーン式独立懸架、ハイポイド・ギヤ、シンクロ付コラムミッション等を採用していた。当時の国産メーカーでは、日産はオースチン、日野はルノー、いすゞはヒルマンをノックダウンして戦中戦後に欧米から大きく立ち遅れた自動車技術を習得していた時代の中で、トヨタは独自開発でクラウンを造った。エンジンは当時の小型車枠一杯の1500ccで、これはクラウン以前の乗用車トヨペット・スーパー(RHK/RHN)から流用したものであった。

出典 http://ameblo.jp

2代目 トヨペットクラウン 1962年 - 1967年

2代目 トヨペットクラウン 1962年 - 1967年

1962年、実に7年ぶりのモデルチェンジとなった2代目S40系「トヨペット クラウン」。全長4610mmと大きくサイズアップされ、近代的なスタイリングに生まれ変わった。搭載されるのは初代モデル同様の4気筒3R型エンジン。クラウンシリーズで初の6気筒エンジン搭載モデルは、1965年のマイナーチェンジ時に登場した。またM型6気筒エンジン搭載車にツインキャブ、フロアシフト、タコメーターなどを追加したスポーティ「S」グレードも登場している。現在の「クラウンアスリート」の先祖にあたるモデルが、この時代から登場しているのだ。

出典 http://221616.com

3代目 トヨペットクラウン 1967年 - 1971年

3代目 トヨペットクラウン 1967年 - 1971年

スタイリングは直線基調のフォルムを先代から受け継ぎながら、アメリカ車の影響が色濃く感じられた先代とは異なり、「日本の美」をテーマに国産車としてのアイデンティティーを追求したデザイン路線が取り入れられました。フレームは先代のX型から、当時のGM車に採用例の多かったラダー型ペリメーターフレームに変更され、低床フロアが実現しました。
発売当初のボディバリエーションは、4ドアセダンとステーションワゴンの「カスタム」に加え、それまで「マスターライン」の車名で販売されていたライトバンとピックアップがクラウンファミリーに編入されました。2ドアハードトップがラインナップに加わったのは、翌1968年10月の事でした。ボディサイズは全長4,665mm×全幅1,690mm×全高1,445~1,465mmで、先代から全長が若干延長されました。

出典 http://b-cles.jp

4代目 トヨタクラウン 1971年 - 1974年

4代目 トヨタクラウン 1971年 - 1974年

3代目は好評だったにもかかわらず、3年5カ月という短いサイクルで世代交代を迎える。車名を「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」に改め、1971年に登場した4代目は、空力を考慮して丸みを帯びたボディーをまとっていた。国産で初めて全車にビルトイン式のカラードバンパーを採用した、「スピンドルシェイプ」と称する斬新なスタイリングが4代目の最大の特徴だったが、同時に弱点にもなってしまった。
後に「クジラ」と俗称された、あまりに個性的で、これまでとの脈絡に乏しいルックスが法人をはじめとする保守的な需要層に敬遠された結果、クラウン史上唯一、セールスでライバルの後塵(こうじん)を拝してしまったのである。中身については基本的に先代からのキャリーオーバーだが、EFI(電子制御燃料噴射)や3段EAT(電子制御式AT)など新たなメカニズムを導入。また2.6リッター直6エンジン搭載の3ナンバー車も加えられた。

出典 http://gazoo.com

5代目 トヨタクラウン 1974年 - 1979年

5代目 トヨタクラウン 1974年 - 1979年

1955年に初代モデルがデビューしたトヨタのプレミアムモデル「クラウン」は、1974年10月に4度目のフルモデルチェンジを実施し、5代目モデルとなりました。個性的なスタイリングが不評を買い販売が低迷した先代の教訓を生かし、コンサバティブなスタイリングに「先祖回帰」した事が特徴でした。更にボディバリエーションの拡大により、販促が図られました。

出典 http://b-cles.jp

6代目 トヨタクラウン 1979年 - 1983年

6代目 トヨタクラウン 1979年 - 1983年

1979年9月に5度目のフルモデルチェンジを実施し、6代目モデルとなりました。コンサバティブなイメージを継承しながらも、先進的な装備を採用するなど意欲作となりました。又、クラウン史上初となるガソリンターボ車やディーゼルターボ車が追加された事もエポックとなりました。
スタイリングは直線を基調としたデザインポリシーを踏襲しながら、一層シャープで洗練されたフォルムに変貌しました。シャシーは、クラウンの伝統となったラダー型ペリメーターフレームが踏襲されました。ボディバリエーションは、先代同様4ドアセダン/4ドアハードトップ/2ドアハードトップ/ステーションワゴン/ライトバンの全5種類がラインナップされました。

出典 http://b-cles.jp

7代目 トヨタクラウン 1983年 - 1987年

7代目 トヨタクラウン 1983年 - 1987年

日本人にとって、豊かな生活を象徴するステータスシンボルであり、オーナーカーの頂点に君臨する存在であることを端的に表現した、「いつかはクラウン」という傑作コピーを掲げて1983年に登場した7代目。ボディーは2ドアハードトップが消滅して、4ドアセダンと4ドアハードトップ、5ドアワゴンの3種となった。

出典 http://gazoo.com

8代目 トヨタクラウン 1987年 - 1999年

8代目 トヨタクラウン 1987年 - 1999年

1987年9月に7度目のフルモデルチェンジを実施し、8代目モデルとなりました。エアサスペンション車の設定や、追ってV8エンジン搭載車が追加されるなど新機軸が取り入れられました。又、セダンは8年間、ステーションワゴンは12年間生産が継続されるロングセラーとなりました。
スタイリングは先代よりも若干曲線的なボディラインに変化すると共に、「クリスタル・ピラー」と称する樹脂処理されたCピラーは廃止されました。シャシーはクラウン伝統のラダー型ペリメーターフレームを改良し、高剛性化が図られたものが採用されました。ボディバリエーションは、先代同様4ドアセダン/4ドアハードトップ/ステーションワゴン/ライトバンが設定されました。

出典 http://b-cles.jp

9代目 トヨタクラウン 1991年 - 1995年

9代目 トヨタクラウン 1991年 - 1995年

1991年10月に9代目モデルが発売されました。セダン/ステーションワゴン/ライトバンは8代目モデルのまま販売が継続された為、ボディバリエーションは4ドアハードトップのみの設定となりました。同時に全車3ナンバーボディとなり、「ロイヤルシリーズ」と呼ばれました。
スタイリングは、先代までと比較して曲線的なボディラインと大人しいフロントマスクが与えられ、イメージが大きく変わりました。ボディサイズは全長4,800~4,810mm×全幅1,750~1,760mm×全高1,440mmで、先代の4ドアハードトップ3ナンバー仕様車と比較すると、全長が縮小され全幅と全高は拡大されました。シャシーは伝統のペリメーターフレームを踏襲し、ホイールベースも先代と同一の2,730mmでした。

出典 http://b-cles.jp

10代目 トヨタクラウン 1995年 - 2001年

10代目 トヨタクラウン 1995年 - 2001年

1995年8月にまず4ドアハードトップが、追って12月にセダンが10代目モデルにフルモデルチェンジしました。3代目以降受け継がれてきたペリメーターフレームシャシーがフルモノコックボディに切り替えられ、車両重量が大幅に軽量化された事が最大の特徴でした。
スタイリングはキープコンセプトで、コンサバティブなデザインに纏められていました。ボディタイプは前述の4ドアハードトップとセダンのみで、ステーションワゴンとライトバンは2世代前の8代目モデルのまま販売が継続されました。ボディサイズは全長4,695~4,820mm×全幅1,695~1,760mm×全高1,425~1,460mmで、8代目セダン/9代目4ドアハードトップから大きな変更はありませんでした。

出典 http://b-cles.jp

11代目 トヨタクラウン 1999年 - 2003年

11代目 トヨタクラウン 1999年 - 2003年

1999年9月に10度目のフルモデルチェンジを実施し、11代目モデルとなりました。5代目モデル以降設定されていた4ドアハードトップが廃止されセダンに一本化された一方で、「ロイヤル」系と「アスリート」系の2系統のラインが設定されました。又、M/C後にハイブリッド車が追加されました。
スタイリングは、ロイヤル系は先代からのキープコンセプトで落ち着いた雰囲気が備わる一方で、アスリート系は専用フロントマスクにより若々しい雰囲気が演出されました。ボディサイズは全長4,820mm×全幅1,765mm×全高1,455~1,470mmで、5ナンバーボディが廃止され全車3ナンバーボディとなりました。ホイールベースは先代と同一の2,780mmでした。

出典 http://b-cles.jp

12代目 トヨタクラウン 2003年 - 2008年

12代目 トヨタクラウン 2003年 - 2008年

ラインナップは、先代モデル同様に、落ち着いた高級車をイメージさせる「ロイヤル」シリーズと、スポーティーな走りとエクステリアで人気の高い「アスリート」シリーズの2本立てとなる。また、2001年には「クラウンセダン」もS150系からS10系へモデルチェンジを行なわれ、「クラウンコンフォート」と同じボディで併売された。S170系で登場した「マイルドハイブリッド」は、S180系ではなく、クラウンセダンS10系にラインナップされた。

出典 http://221616.com

13代目 トヨタクラウン 2008年 - 2012年

13代目 トヨタクラウン 2008年 - 2012年

「超えてゆく、ブランド」というキャッチコピーを掲げて2008年に登場した13代目は、誕生から半世紀近い歴史をリセットし、すべてを一新した「ゼロクラウン」こと先代をベースに、さらにブラッシュアップ。プラットフォームやV6エンジンと6段ATを組み合わせたパワートレインなど、ハードウエアは先代から受け継ぐが、車載コンピューターの処理能力などソフトウエアを大幅に強化して、エンジン、サスペンション、ステアリングそしてブレーキを緻密に統合制御し、一段と安全かつ快適な走行を実現した。

出典 http://gazoo.com

14代目 トヨタクラウン 2012年 -

14代目 トヨタクラウン 2012年 -

トヨタの技術の粋を結集し、進化を遂げたFRセダン専用2.5Lハイブリッドシステム。
加速力や低燃費はもちろん、エンジンから発生する振動やノイズを徹底的に抑制し、
室内を取り囲むように吸・遮音材を配置することで、高レベルの静粛性を実現。

出典 http://toyota.jp

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!